世界の弦楽器

ウード

西アジア一帯に広く使われている琵琶の仲間。楽器の女王と呼ばれていて、西アジアの弦楽器の代表とされています。胴体は裏側が膨らんでいて、木材を薄い板にしたものを張り合わせる寄木造りで作られています。国や地域によって、形や,調律が異なっています。多くみられるものは、5弦から1弦まで復弦(2本)で、4度(例えばドからだとファ)づつ上がっていきます。音を出すバチ(ピック)は細長く柔らかい板状のものを使用。

 

タール

タールは、ペルシア語からの翻訳 で、「弦」「糸」を意味します。
タールは、おそらくアゼルバイジャンで最も人気のある楽器です。三味線の仲間。桑の木を繰り抜いた胴体に、子牛の心臓の皮や魚の皮等を張ってあります。フレットは弦を巻いて移動できるようになっていて、西アジアの微妙な色々な音を出して曲によって様々な音階を作れます。

ラバーブ

アフガニスタンやインド北部、パキスタンに分布している三味線の仲間。樹を繰り抜いた胴体に、山に住む山羊の皮を張ってあります。たくさんの共鳴弦が張って有り(曲により音を変える)ふくよかな響きが出ます。

カーヌーン

日本の箏に原型とされているアラビアンハープ。一つの音に3本づつの弦が張ってあるので、余韻がとてもきれいです。写真の左側の斜めの部分は糸巻きがズラリと並んでいます。弦の左側の糸巻きに近い所に、細かいたくさんのペグがあり、音を微妙に変えることができ、微分音程(例えばドとレの間の音)を調整できます。

 

サズー

トルコで発達した三味線の仲間。吟遊詩人が歌の伴奏に使って発展していきました。歌の鬼木によって調律を変えて使います。小さくて高い音が出るものから、大きくて低い音のするものまであります。

カマンチェ

西洋楽器のヴァイオリンのルーツと云われている擦弦楽器。膝に立てて演奏します。

トゥンビ

インド、パキスタンの弦楽器。胴体に皮が張ってあります。弦は1本で、主に弾き語りの伴奏に使われていました。

シタール

インドを代表する三味線の仲間。インドの大きいカボチャを胴体に使っています。主に旋律を弾く1弦と、主に伴奏を弾く2、3弦があります。その他に、たくさんの共鳴弦(音を良く響かせるための弦)があります。音程を作るための左手は人差し指を素早く移動させます(歌の最高音のみ中指か薬指を使用)。その他に、音程を作るために人差し指を内側に引っ張り音を上げる奏法もあります。

コラ

アフリカの弦楽器。乾燥させてなかを繰り抜いたヒョウタンを半分にしたものを胴体にして、牛や山羊の皮をはってあります。握り棒が2本あり、両手の人差し指と親指でつまんで音を出します。2つの異なった音や音型を同時に演奏できます。

マンドリン

イタリアで発展した弦楽器。弦は、2本張った4つのコースです。ふくよかな音を出すために復弦(1コースに2本の弦を張る)にしています。現代ではピックを使ってトレモロ(同じ音を素早く弾いて音を伸ばす)を多用するようになりました。西アジアのウードの影響を受けて出来てきたと云われています。

ビビンバゥ

ブラジルの打弦楽器。弓にヒョウタンで作った共鳴胴を付け、棒で弦を叩いて音を出します。弓をしならせて音程を作る原始的な構造。それだけに、自然に近い味わいが感じられます。