日本の管楽器

尺八

真竹を切って(根っこに近い太くて丈夫なところ)ふちを通して空気が通るようにして息を入れて音を出す縦笛。音程は、途中に開けた穴を押さえて作ります。穴で押さえる以外の音は口の角度で音程を調整します。初めは音を出すのが難しく、かなり鍛錬がいるようです。

横笛

 竹の管で作られ、歌口(うたぐち)と指孔(ゆびあな)を持つ横笛で雅楽で使う管楽器の一つに龍笛(りゅうてき、竜)が、あります。能管、篠笛など和楽器の横笛全般の原型・先祖であるとも考えられています。

能管(のうかん)は、日本の横笛の一つです。能だけではなく歌舞伎、寄席囃子や祇園囃子でも用いられます。独特の音を生むために内側の狭い部分が作られているのが特徴です。

篠笛しのぶえ)は篠竹(雌竹)を切って空気が通るようにして、途中に音程を作るための穴を開けただけのシンプルな構造ですが、。遠くまで通る澄んだ音がします。漆や合成樹脂を管の内面に塗っています。笛、竹笛、祭り笛、お囃子笛、あるいは、郷土の名(津軽笛)等色々な名前で呼ばれています。お祭りや獅子舞などで吹かれる笛は、調律がされておらず、独特の音階をもっています。西洋音階、一般的な曲のメロディーを吹くには適していませんが、 各地のお祭りでは郷土特有の響きをつくります。

竹に雄、雌があります。基本的に雄竹は、断面が正円にちかく真っ直ぐに伸びます。 そして雌竹は、断面が楕円にちかくなり、少々湾曲します

唄用の笛には、一番低い「一本調子」から最も高い「十三本調子」まであります。低音のものほど笛自体の長さが長く、高音になると短くなります。調子とは、音の高さのことをいいます。7孔(孔=穴の数)の篠笛が使われることが多いようです。地域によっては、2孔の笛や、4孔の笛があります。一般的の唄用の篠笛は7孔が多いようです。その他に、プラスチック製の笛や色や絵が塗られているものがあります

 

西洋楽器と違い、音階により、笛をかえます。しかし、指の運び(運指)は、そのままで良いというとても便利な楽器です。